企業法・授業まとめ-第1回-

【会社の種類】
会社法上、以下の4つが規定されており、それぞれ法人格が認められている。

①合名会社
②合資会社
③合同会社
④株式会社
※①~③をあわせて「持分会社」という

それぞれの違いは、
人(構成員)と会社の人格がどの程度切り離されているか。

※ここでいう社員とは、株主を指す。
そして、この株式会社の社員たる地位のことを株式という。
会社法上の「社員」と日常の用法とはズレがあるので注意。

⇩それぞれ見ていくと…

①合名会社
最も団体性が弱く、全社員が無限責任社員であるため
全社員が業務を執行し、会社を代表している。
つまり、人(社員)と会社の人格は一致している。
株主・社長・会社がすべて一致しているイメージ。
⇒わざわざ会社を作ってまで別人格をもつ必要があまりないので、
日本の法律上、利用されている例があまりない。
②合資会社
無責任社員と有限責任社員の両方がいる。
全社員が業務を執行し、会社を代表している。
①に比べて、有限責任社員がいる分、人と会社の人格の分離は進む。
③合同会社(株式会社と殆ど同じと考えてOK)
社員全員が有限責任社員である。
(出資者(≒社長)は出資額の範囲でのみ、会社の債務の責任を負う。)
全社員が業務を執行し、会社を代表する。(出資者が経営者)
①②に比べ、人と会社の人格の分離は進んでいる。
※合同会社は平成17年に導入された比較的新しい制度
 背景には、ハイリスクハイリターン型のベンチャー企業や、
 ジョイントベンチャーの経営にはその内部関係や定款による
 自由な業態が適していると考えられたため。
 旧「有限会社」とほぼ同じ業態
④株式会社
最も団体性が強い企業形態である。
株主は有限責任であり、所有と経営は分離している。(株主と経営者は原則別
株式の譲渡性あり。(持分会社では持分処分は制限されている。

有限責任 無限責任
株式会社の出資者(株主)は、株主となるに際して、会社に対して出資(=株を購入)するだけで、それ以上の責任を負うことはない。 合同会社、合資会社では出資者(社員)は社員となる際に、出資も行うが、会社が負った負債に対して代わりに弁済する必要もある。

<その他の分類>
・持分会社と株式会社(すでに記載のとおり)
・公開会社と閉鎖会社
・大会社とそれ以外:主に資本金による区別
・その他

…と様々な分類・特徴があるが、大切なのは

それぞれの会社形態において、人(構成員)と会社の人格は
「責任(有限・無限)」によって分けられている。

という点。

⇩ちなみに、日本にある「会社」数は…

〇組織別・資本金階級別

区分 1,000万円
以下
1,000万円超
1億円以下
1億円超
10億円以下
10億円超 合計 構成比
(組織別)
株式会社 2,119,628 335,969 16,630 5,542 2,477,769 94.7
合名会社 3,807 176 6 2 3,991 0.2
合資会社 18,311 672 1 5 18,989 0.7
合同会社 38,999 338 57 11 39,405 1.5
その他 55,099 19,588 1,121 523 76,331 2.9
合計 2,235,844 356,743 17,815 6,083 2,616,485 100.0
構成比 (85.5) (13.6) (0.7) (0.2) (100.0)

国税庁 平成26年分「会社標本調査」より)

〇上場会社数 (単位:社)(カッコ内は、うち外国会社)

最新更新日 第一部 第二部 マザーズ JASDAQ
スタンダード
JASDAQ
クローズ
Tokyo Pro Market 合計
2017/04/07 2,016
(4)
535
(1)
237
(0)
712
(1)
42
(0)
17
(0)
3,559
(6)

〇月末上場会社

最新更新日 第一部 第二部 マザーズ JASDAQ
スタンダード
JASDAQ
クローズ
Tokyo Pro Market 合計
2017/04/07 2,016
(4)
535
(1)
237
(0)
712
(1)
42
(0)
17
(0)
3,559
(6)
2017/0/28 2,005
(4)
532
(1)
229
(0)
713
(1)
43
(0)
16
(0)
3,538
(6)
2017/01/31 2,005
(4)
532
(1)
229
(0)
712
(1)
43
(0)
16
(0)
3,537
(6)

日本取引所グループHPより)

 


 

というわけで、第1回はここまでです。

会社とは何か、
法人格とは何か、
何のために会社法があるのか、、、

理解しているようで実はキチンと説明できないかも…
なんてこともあるかもしれません。

次回からはより濃い内容でお伝えしていきます。お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です